Windows10


ユーザー名を変更した後、リモートデスクトップで「他のユーザー」と出てしまいログインできない



Windows10でユーザー名を変更した後に、リモートデスクトップでログインしようとすると「他のユーザー」と出てしまってログインできなくなることがある。
Windowsには「ユーザー名」と「アカウント名」があり、設定画面やコントロールパネルの「アカウント」から変更できるのは、このうちの「アカウント名」のみなので、変更すると「ユーザー名」と「アカウント名」が食い違った状態になってしまう。
リモートデスクトップは「ユーザー名」でログインする仕様なので、変更前のアカウント名(=初期値のユーザー名)を入力すればログインできる。
どうしても変更後のアカウント名でログインしたい場合は、以下の手順でユーザー名とアカウント名を同じにすれば可能になる。


1. Windowsキーを押しながら「R」を押す
2. 「control userpasswords2」と入力してエンター
3. 「ユーザー」タブをクリック
4. 変更したいユーザーをクリック(変更前のアカウント名と同じになっているはず)
5. 「プロパティ」ボタンをクリック
6. 変更後のアカウント名を入力
7. 「OK」をクリック
8. PCを再起動する

※ユーザー名を変更した後、リモートデスクトップの接続可能ユーザーに変更後のユーザー名があるかどうかも確認しておく。ユーザーが入っていなければ追加する必要がある。

1. 「PC」を右クリック
2. 「プロパティ」をクリック
3. 「リモートの設定」をクリック
4. 「ユーザーの選択」をクリック
5. ここに変更後のユーザー名があればそのままでOK
6. 無ければ、「追加」をクリック
7. 「詳細設定」をクリック
8. 「検索」をクリック
9. ユーザー名をクリック
10. 「OK」をクリック
11. 「OK」をクリック
12. 「OK」をクリック




[ 戻る ]