W.I.S. Laboratory
menu-bar

iPhone


iPhoneをリカバリモードにする

iPhnoeが調子悪いとか起動しないといったときはリカバリモードで初期化すれば復活することがある。
事前に「設定」の中の「iPhoneを探す」をオフにしておくことが重要。(忘れるとアクティベーションロックがかかる)
本体で「iPhoneを探す」をオフにできれば、オフにした後にリカバリモードへ移行すればいいのだが、それすら無理(オンかオフかを確かめることもできない)という状態であれば、 https://www.icloud.com/find に他のデバイスからアクセスしてオフにすることができる。
iPhone単体ではリカバリモードにすることはできないので、iTunesがインストールされているパソコンに純正のLigtningケーブルで接続した状態で行わなければならない。
リカバリモードに移行するための手順は機種ごとに違う。

iPhoneには「アクティベーションロック」という仕組みがあって、「iPhoneを探す」をONにしたまま(iPhoneとAppleIDが紐付いたまま)リカバリモードで初期化すると、自動的にこのロックがかかるようになっている。
一度こうなってしまうと、初期化前のAppleIDとパスワードを入力する以外にないので、それが不明だとアクティベーション(iPhoneを使えるようにすること)が不可能になる。

以下、リカバリモードへ移行する手順。

iPhoneo6sまたはそれより古い機種(iPadやiPodも同じ)

1. iPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「探す」→「iPhoneを探す」をオフにする
2. iPhoneを純正のLigtningケーブルでパソコンに繋げ、iTunesを起動しておく
3. 電源ボタンとホームボタンを押し続ける
4. 再起動がかかっても、リンゴのマークが出ても、画面が消えても、とにかく押し続ける
5. Ligtningケーブルのコネクタの絵が出てきたら手を離す
6. iTunesに出てきたメッセージに従って初期化やアップデートを行う

iPhone7またはiPhone7 Plus

1. iPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「探す」→「iPhoneを探す」をオフにする
2. iPhoneを純正のLigtningケーブルでパソコンに繋げ、iTunesを起動しておく
3. 電源ボタンと音量小ボタンを押し続ける
4. 再起動がかかっても、リンゴのマークが出ても、画面が消えても、とにかく押し続ける
5. Ligtningケーブルのコネクタの絵が出てきたら手を離す
6. iTunesに出てきたメッセージに従って初期化やアップデートを行う

iPhone8またはそれより新しい機種

1. iPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「探す」→「iPhoneを探す」をオフにする
2. iPhoneを純正のLigtningケーブルでパソコンに繋げ、iTunesを起動しておく
3. 音量大ボタンを押して離す
4. 音量小ボタンを押して離す
5. 電源ボタンを押し続ける
6. 再起動がかかっても、リンゴのマークが出ても、画面が消えても、とにかく押し続ける
7. Ligtningケーブルのコネクタの絵が出てきたら手を離す
8. iTunesに出てきたメッセージに従って初期化やアップデートを行う


[ 戻る ]
saluteweb