iPhone


iPhone(iOS)の設定にある「Appのバックグラウンド更新」とは何か



iOSの「設定」→「一般」の中に「Appのバックグラウンド更新」というものがある。
Appの自動更新(自動アップデート)と混同しそうになるネーミングだが、自動更新ではない。(ちなみに自動更新の設定はこちら
これをOFFにするとバッテリーが節約できる云々という文字があるので、ついやりたくなるがこれをするとトラブルの元になることがある。

Appのバックグラウンド更新とは何の設定をしているのかというと、バックグラウンドに回ったアプリのコンテンツ(現在表示されている内容)を最新のものに更新するかどうかということだ。
例えば、天気予報アプリがあったとして、そこに4月10日の天気情報が表示されていたとする。
ここでホーム画面や別のアプリ画面に切り替えたとき、天気予報アプリは「バックグラウンドに回った」という。
このとき、天気予報アプリのバックグラウンド更新がONになっていると、このアプリは定期的に最新の天気情報を取得しにいく。(目には見えないが)
次の日、4月11日になったときに天気予報アプリを起動したとする。
バックグラウンド更新がONになっていればこのとき瞬時に4月11日の天気予報が表示されるのだが、OFFになっていると4月10日の情報のまま表示され、4月11日の情報に切り替わるまでしばらく時間がかかるようになる。

天気予報などは大した問題にはならない(急いでいるときは昨日の天気予報を今日のものだと勘違いしてしまうかもしれない)が、LINEなどのSNSアプリでバックグラウンド更新をOFFにすると、通知が遅れたり届かなくなったりすることがあるので、アプリに応じてON/OFFを使い分けるのがいいだろう。
この機能をOFFにするとバッテリー節約にはなるものの、代償としてiPhoneが期待通りに動かなくなってしまうことがある、ということを理解した上でOFFにしないとトラブルの元になることがある。




[ 戻る ]