Outlook Express


メールの受信はできるのに送信ができない



SPAMやフィッシング詐欺を未然に防ぐため、Outbound Port25 Blockingという方式を用いたプロバイダが増えてきている。この方式は、セキュリティ向上が期待できる反面、メール送信に対して動作が厳しくなる。そのため「受信はできるのに、送信だけできない」という症状が出てくることが多い。この場合、以下の手順で送信できるようになる。



01) Outlook Expressを開く
02) [ツール]→[アカウント]をクリック
03) [メール]タブ→送信ができないアカウントをクリック→[プロパティ]をクリック
04) [詳細設定]タブをクリック
05) [送信メール(SMTP)]の値を、[25]から[メールサーバーのサブミッションポート(587が多いようです)]に変更する
06) [サーバー]タブをクリック
07) [このサーバは認証が必要]にチェックを入れる
08) [OK]をクリック




[ 戻る ]